トップページ

診療案内

院内のご案内

院内設備

アクセス

お問い合わせ

院内設備


X線撮影装置FCR【X線撮影装置FCR】
X線装置で撮影した画像情報を電気信号に変換し、イメージングプレート(IP)という機材に記憶させてデジタル画像処理を行う装置です。写真フィルムはなく、現像操作も全く必要ありません。


スパイロメーター【スパイロメーター】
呼吸機能を調べ、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や気管支喘息などの呼吸器疾患の診断に使います。


トレッドミル【トレッドミル】
ベルトコンベアーの様な装置で、定められたプロトコールに従って傾斜とスピードを段階的に徐々に上げて行って動くベルトの上で運動してもらい、自覚症状を聞きながら心電図と血圧を一定の間隔で測定記録し、狭心症などの心臓疾患の診断に使います。


ベッドサイドモニター【ベッドサイドモニター】
心電図、血圧、呼吸、動脈酸素飽和度などのバイタル変化をリアルタイムに表示し、監視しながらその状態に応じて適切な診断と処置を行います。


除細動器【除細動器】
心室性頻拍や心室細動などの死に至るとても危険な不整脈に対して、電気的刺激を与えて治療する装置です。また脈がとても遅くなったり、長い時間脈が止まる徐脈に対しては、体外から電気刺激を一定のリズムで与えて心臓を動かす事も行います。


心電計【心電計】
心臓の動きに伴って心臓から発せられる電気信号を記録し、心臓の状態を診断します。


超音波装置【超音波装置】
心臓や肝臓・胆嚢・胆道・膵臓などの腹部臓器、また頸動脈や下肢の動静脈の状態などを超音波を使って詳しく調べる装置です。超音波を使っての検査ですので痛みはなく、たとえ妊娠した女性の方でも胎児に悪影響を及ぼさずに安全に検査を行えるのが特徴です。


上部消化管内視鏡検査装置【上部消化管内視鏡検査装置】
食道・胃・十二指腸の上部消化管を、ファイバースコープという細い管を使って調べる装置です。最近の検査器具はとても性能が良くなっていて、苦痛は殆どなくて検査を終える事が出来る様になっています。


血圧脈波検査装置【血圧脈波検査装置】
心電図と心音、上肢と下肢の血圧を同時に測定して、動脈硬化がどれだけ進んでいるかを診断し、また下肢の閉塞性動脈硬化症(PADまたはASO)の有無も調べます。


本サイトに記載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。
Copyright © 2007-2019 ふじた内科循環器クリニック. All Rights Reserved.